なんぞやからの出発

マナーとはなんぞや。

マナーに対する議論はそこかしこで見受けられるものの、
実際みんなどこで覚えて身に付けているのだろう。
何らかの教育的な集まりに参加した人ならいざ知らず、
一緒にラウンドした誰かから教えてもらうか、本を読むか程度だろうか。

私はといえば、初心者時点の環境と側にいた同伴者の行動を模範とした。
ついでに、今まで生きてきた中で良しとしてきた常識・良識がプラスされている。

だから絶対値がわかっていないのかもしれない。

わかっていないかも、という極めて曖昧な中では、
「他者に不快な思いをさせてはならぬ」ということのみが原点だ。

ま、ゴルフに限らず、だけど。

さて、マナーのあれこれの起源がどこにあるのかといえば、
やはり階級の頂点にある少数グループに存在する何かが上流にあり、
簡易的でわかりやすく伝わったものが下流に存在しているだけのような気がする。

脈々と受け継がれた伝統等々の所作があるんだろうし、
それはきっとただ聞いても漠然と読んでも身に付かない「何か」であると思う。

以前大変お世話になった方が若かりし頃の失敗談を色々話してくれたのだが、
得意先の謝罪の手土産にせんべいの詰め合わせを持って行ってひどく叱られたそうな。
また土砂降りの日に壇上で挨拶することになったが、
「お日柄もよく」などという決まり文句でスタートして恥をかいたとのこと。

私が出会った頃にはもう立場に見合う諸々を身に付けておられて、
そんな失敗談が出てきたことには驚きだったが、とても興味深かった。

そしてこの話は「マナーとはなんぞや」という疑問の核心に迫るものだと感じたのだ。

つまらない慣例だと捨て置くことは簡単なことだけれど、
その方は「気付き」、「意味を自分のものにした」といえる。
マナーは自分の中で完結させるものではなく、
主体を相手に転じた時にこそ広がりを持って伝わっていくのだと教わった。

自分が下流にいる人間だとしても、
真似ることもできれば「何故」から出発して答えを探すこともできる。
無意識の中に内包させた境地までたどり着けるかはわからないが、
理想を追って精進し続けること自体が私のマナーといえるかもしれない。
スポンサーサイト

ナイスなバーディきた

勝負しているわけではないので、
最近はミスショットもナイスショットも「同質」かなと感じる。
そういうわけで、良いショットが出ても心の中は対して動かないようになってました。
自分の弱さをわかっているからこそ、ですね。

感情の上下を怖がる小心者根性丸出し。

でもそういう中でも生涯忘れないであろう大切なホールって出てくるものなんだなぁと。

ボールがカップインするまでのすべてに偶然が無かったバーディがきた。

バーディ自体も嬉しかったけど、
思考して試したことが活きたこと、一連がスムーズに進んだこと、
それらの事実が自分に自信を与えてくれたのが何よりの収穫。

ゴルフ始めてから初めて「ゴルフをしている」と言える流れでした。

躊躇いの無い指摘をもらえる環境にもより感謝。

それから今回からパターを入れ替えました。

 main01.jpg

かなり気に入って買ったものの、私には難しすぎて泣く泣く眠らせて何年も経過(T A T)

ナントカカントカようやく様になってきたかなということでコースで使用。
前と感じ方が全然違う!ということに自分で驚き。
うまく説明できないけど、心地よい柔らかさがあって、ミスがすぐ確信できる。
これも成長かもしれない。

全体を通してまたゴルフの奥深さを感じることができました。

慰めになってないけど・・・

女性の飛距離って平均的にどんなものなのかと調べてみた。
ちょうど手ごろな図があったので、拝借。
そこのサイトでは3パターンで表示。

多少の誤差はありますが、入れてあるクラブは一番右の数字が自分の距離とほぼ同じでした。

201708191840492b4.jpg

私はスタート時からドライバーが特に苦手で、
許される範囲を大きく外れたミスを連発していますが、
平均的に見てもやはり200yは飛ばせないといけないんだなぁとしみじみ。

実際練習でもほとんど打ったことの無いクラブなんだよなぁ。
何年も7Iばっかり打ってたし(・Θ・;)

ドライバーの苦手意識がゴルフの組み立てに大きい影響が出ていることを感じています。

今更感が半端ねぇ・・・。

「そんなスイングでアイアンはちゃんと距離出てるんだからさ、
ドライバーもこれからもっと期待できるよ。
ただ今のままだと頭打ちだね!」

と慰め?らしき言葉をもらったんですけど、そろそろ苦手意識と本気で向き合わねば。

すべてはコースで

よくラウンドをご一緒させて頂く方から、
最近とても嬉しいことを言われた。

「〇〇さんは一喜一憂がほとんど出ないね。
ナイスショットだったらもっと喜んでもいいんだよ。」

とニコニコしながら話されて、
これはもう私にとってはかなりの褒め言葉。
大先輩からの優しい言葉に胸がいっぱいになった。

感情コントロールは永遠のテーマであり、
ゴルフの中で一番しんどいもの。

特に『憂』で人に迷惑をかけたくない。

イライラするし、悲しくなるし、バラバラになるけど、
それでもとりあえず迷惑をかけてない範囲らしい、
ということに安堵。

私にラウンドを教えてくれた人が淡々とプレーするので、
それを手本にして今があることに本当に感謝しかない。

「怒りも喜びもあって当然で、
どんなに上手い人も同じように全部抱えてプレーしてる。
同伴者への思いやりがあればこそ、
自分で消化して次のホールへ行くんだよ。」

と話された意味は続ける中でわかってきました。

いつ誰とどんな環境でゴルフをスタートさせたのか、
その影響は黙っていてもコースの中で浮き彫りになりますね。

ありがとうございます、先輩達。

合掌。

毎日一緒

以前HAZZYSというブランドのウェアを探していたのですが、
残念ながら日本は未発売・・・。

アメリカで活躍していて「かっこいい!」とファンになった韓国選手が着ているブランドです。

ネット通販でもなんとかなるんだろうけど、
ま、そこまでするほどでもないかと諦めて・・・。
けっこう残念がっていたので、それを見かねたのか、
「せめて小物だけは」とキーケースをプレゼントしてもらいました。

20170814193832698.jpg

ゴルフをしていなかったら出会わなかったブランドで、
そう考えると小物達との出会いも縁だよなぁと感慨深い。

もう数年経ちますが、どこへ出かけるにも毎日一緒です(*・∀・)

いつか、を近づける

ゴルフを始めてからけっこう経つけど、
ゴルフ雑誌をあまり読んだことがありませんでした。
色んな面で、基本的に男性目線中心だからだろうなぁ。
あと内容がきちんと理解できずよくわからないことが多い。
文字は読めても、打ち方にしろクラブのことにしろ、ほとんど「(-.-;)⁇」。

そんな私にとって今日はゴルフ雑誌初購入。

美容院でぼんやり読めたらいいかな、
と思いつつ試しに本屋へ寄ったところ「読みたい」と思った一冊が。

20170810221407973.jpg

最近ようやく30ヤード以内のアプローチが寄るようになり、
以前よりもますます寄せの大変さと大切さが身に染みており・・・。

私にとってウェッジは憧れ。

お金を出せば買えないわけじゃないけれど、
ショップで見るウェッジはまるで宝石みたいで、握ることすら気恥ずかしい。
妙に特別で遠いクラブ。

遠くない未来に私のバッグにさしてありますように。

ついでにこの雑誌はとても趣味が良いです。
セベの特集とPINGパターの記事は激アツすぎ。
ヒメネスの葉巻姿とか最高。

しっくり、は遠い

ラウンドの感想を書こうかと思っていたけれど、
思い出すのは一球か二球程度で、その他特に無い。

そういうわけで最近のことをチラホラと。

焦って経験値が上がるわけではないので、
直せるところを少しずつ改善したいと考えるように。

初心に戻るって程でもないけれど、
一番最初にゴルフを始めるきっかけになった方に修正をお願いしています。
半端にコーチなどできないとかなり難色を示されましたが何とかかんとか・・・。
教えることも教わることも責任が重い。

まずはグリップから。

修正点を気をつけてすんなりクラブを握ることができるか、
握っては解き、握っては解き、を繰り返し。
グリップの確認は自宅ですぐできるので空いた時間に。

習慣を矯正するっていうのはかなり難儀。

チェックしてもらってからけっこう経って、
「あ、これかな~」とようやくしっくりくるようになりました。

道のりははるか遠く、しかし丁寧にじっくりの毎日です。

我が振り含めて

久々に、衝撃的な、最低なマナー違反者に出会いました。
その組よりも正直同伴者がキレるかとハラハラした。

優しい人々はキレるとマジで怖いから要注意。

丸くなったせいか、私自身はため息だけで済んだ。

ただなぁ。
彼らは若い頃に、こんな大人になりたかったのかなと。
ダッサい大人が目標だったのかなと。

私はゴルフを始めた日の自分を愚弄したくないので、
我が振りも改めて考えさせられました。

思いやりの持ち寄り、大事だよね。

その他の楽しかったコースでの話はまた後日。

何とかなるクラブ

精神的に私を楽にしてくれるクラブがあります。
フェアウェイバンカーや傾斜など、距離が合えば必ず持つクラブ。

main04.jpg 


G25ハイブリッドは親友だ、くらいに思ってる、ホントに。

ほとんどミスが出ない上、球はよく上がるし曲がりも少ない、
と信じ込めているので精神安定剤のような役割になっています。
2本入れてますがこのクラブのおかけで「まぁ何とかなるだろう」と切り替えられるから有難い。

お守りに近い存在かな。