突然の風に吹かれる私

元来人見知り。
小さい頃のことを思えば、社会人として矯正されただろうという気もするけれど、
元々持っている気質を180度変えるのは困難なことですよね。

周りにも「人間嫌い」を叫んで憚らない奴らがたくさんいる。
それでもたった一人で生きてるわけじゃないからね、それなりに「類」と「相性」があるんだね。

だいたいみんな酒が入るとガンガン言ってくる不思議。

ストレスフリーなんて夢のまた夢ってことか。

そういうわけですから、どなたとラウンドへ行くかっていうのは、とても大事なわけです。
相手の問題じゃなく、自分の心の成長と落ち着きの問題ですね。
もっと余裕を持てるようになれば・・・と思い描いている方は何人かいますが、
それも未来の話なので、今は地道に練習を重ねていきたい。
感情の先走りで相手に迷惑をかけるのって1番最低だと思うから。

とかね、実は非常に深く深く考えている、つもりだったんだが。

突然「よし、○○さん、次はラウンドね!ラウンド行こう!」とガンちゃんに言われて、
最初冗談だろうくらいに思っていたら、次も言われて、マジだった。
しかもレッスンっていうよりも、普通のプライベートラウンドの誘いだよ(笑)

つまり、コースに出た状態を見たい、ということらしい。

当たり前といえば当たり前だけど、突然すぎるガンちゃん。

願ってもないありがたいことではあるんだけど、人見知りとの戦いのほうが辛いかも。
決めかねる。
スポンサーサイト
本気羽目外し | Home | 孝行まっしぐら

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する