3年後

今年の秋は好きな作家さんが幾人かお亡くなりになったこともあり、
本屋通いが日課の私は寂しい限りでございます。
お会いしたことが無い方だとしても、別れの寂しさは慣れないものですね。

と、多少心に冷たい風が吹いていますが、そんな時でもレッスンは休まず。

休んだ分だけおかしくなることもわかるし、自分への鞭みたいなもんでもあり。

ついに、

「何やってんの!?こんなんじゃ話にならないよ!」

と激おこどころじゃない言葉が飛んできて、マジで項垂れた。
でもきっと言う方もしんどいはず。
自分が下手なのは重々承知している上に、ガンちゃんのもどかしさみたいなのも入り混じり。

耐えることだけは何とか続けられると思っていたけれど、
それより今は「実現している自分」をジッと待っているという感じに変わりました。
一時一時は辛いけれど、その日が訪れるのを待つことは希望があり、
描き出すことが最大の支えになっている気がする。

こうした考え方や感じ方のたくさんのステップもゴルフから教わっています。

そして何よりガンちゃんへの信頼が影響していることも確か。

「いつになったらちゃんとゴルフできるようになるの?」

と聞かれたので、

「さ、3年後!」

と答えた私に小さく頷いたガンちゃん。
咄嗟に出た答えは正直な気持ちだったので、色々伝わったんだと思う。

3年後にはもうちょっとレベルの高い悩みに直面しているといいなぁ・・・。
スポンサーサイト
毎日 | Home | 巨星墜つ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する